FC2ブログ
2020年09月10日 (木) | 編集 |
まもる。。。

まもる縮小


なかなか、、、

なかなか、、、

書けなかった、、、


写真は、これ1枚しかない、、、


なぜ?って、、、


間に合った!! と思ったから。

おまえを 『守ってあげれた』 と思ったから、、、


体調がよくなったら、

たくさん撮れると思ったから、、、







我が家に来る前から、ずっと軟便だったようで、

環境も変わったのもあり、

下痢が止まらず、

獣医さんに診てもらったら、、、


骨盤内が、ぐちゃぐちゃ だと、、、

あり得ない向きで骨がくっついていたり、、、

骨があるべきところに無かったり、、、



どうしたんだ?

何が、あったんだ?




と思ったが、


そんなことは、もう、どうでもいい!!





おまえを守るからな!!

絶対に、守るからな!!



という思いで名付けた名前。 『まもる』



間に合った!!

あとは、良くなるだけだからな!!


と信じていた、、、



しかし、、、



やっと、や~っと、下痢が止まった日、、、


我が家に来て、2週間も経っていない、、、



まもるは、、、

お空へ旅立った、、、、、、、



あまりに予想外だったため、

アニマルコミュニケーターの 『ちゃこちゃん』HP

に聞いてもらいました。


すると、、、


まもるは、我が家に来て、

「久しぶりに、お母さんや兄弟たちのことを思い出した。

会いたいな~~~」
 

と言っていたそうです、、、、、、、



はぁ~~~

何て切ない、、、


でも!!!


お空に返ったまもるは、

あたたかいお母さんに抱かれ、

お腹いっぱい、ミルクを飲んでいる
と。




もっと、もっと、一緒にいたかった、、、

でも、

まもるが、今、幸せ なら、、、



私は、、、

我慢できるよ。。。



まもる。。。

まもる縮小

大好きだよ。。。

2020年08月19日 (水) | 編集 |
なかなか、ブログのアップができず、

申し訳ありません

毎日の様子を、

ポンポンと気軽に載せられれば良いのですが

くどい私

思い余り、

止まらなくなるので

あ、言い訳ばかりですね




今日は、

ご支援をご報告させていただきます
(順不同で失礼しますm(__)m)



さくら君縮小
咲楽くん・パパ・ママから

私のブログでの一言に、

『どうしても伝えたくて!!』

とママさんが

こちらでも、19才だったかな? の子を

しっかりと看取ったんだそうです

『(我が子との別れに)慣れないよ。 慣れるわけがない。』

私は、涙をこらえるので必死でした、、、

分かって下さる方が、1人でもいてくれた

そして、秋田犬のと君を優しい眼差しで見守って下さいました

息子さんのお名前が、とっても素敵で

ご了承を得ての掲載です

【楽しい花が、たっくさん咲きますように】





花巻の高橋さん縮小
花巻のTさん家族から

いや~~~

頭が下がります

様々なところにご寄付して下さっているご家族

しかも、可能な限り、自分たちの目で見て判断してから!!

という熱い思いのご家族

物資の他に、ママさんは無農薬野菜を作り販売し、

その収益全てをご寄付して下さいました

様々な事に関して、私も熱くなり

止まらなくなりました

その後もご支援が続き、心から感謝申し上げます




不来方霊園縮小
不来方霊園から

つまり、皆さんの最愛なる我が子への供物です

それを、何度も何度もいただいてきました

中には、我が子へのメッセージがつづられた物もあります

その度に思います

皆さん(亡くなった子たち)への思いを

しっかりといただき

彼ら(保護犬たち)が、

必ず 『幸せな日々』 を送れるようにがんばります

と誓うのです



直接持って来ていただいたり、

Amazonの欲しいものリスト から送って下さったり、

物資のみならず、支援金も、

本当に本当にありがとうございます


ここにご支援下さる皆さんは、

お礼も無く

特典(見返り)も何もないのに

繰り返し、繰り返し、

純粋に、

彼ら(保護犬たち)のために

という、『真の愛情

をひたすら注いで下さる方々です


そんな皆様へ

この場をお借りして、

私からの精一杯のお礼でした



のとの縮小
皆さんのおかげで、

ボクたちは生きることができました


助けてくれて、

本当にありがとう


このご恩は、一生忘れません

皆さんも、お体ご自愛下さいね

(by 保護犬代表 秋田犬のと 
2020年08月05日 (水) | 編集 |
はじめに、

様々な 『お礼・ご報告』 が遅れ、大変申し訳ありません


まずは、


コロナの影響により、

岩手県でも生活や様々な活動等を自粛しているため、

当法人も現金収入が、ほぼゼロ になっていた頃、


秋田犬 : ふくすけ君の飼い主さん(HP)から教えてもらったのが、


滝川クリステル財団様 からの募集でした。

ダメもとで、すぐに応募したら!!


ご理解いただき、採択していただきました


スタッフに人件費も払えない状況でしたので、

人件費や保護犬たちの医療費・火葬費にあてさせていただきました。


【滝川クリステル財団HP】


心から、心から感謝申し上げます

2020年05月31日 (日) | 編集 |
皆さんに知ってほしいことがあります。。。




うちに来る子たちの最期です。。。



ヨーヨー縮小





『うちに来る、、、』

ということは、



保健所でも、【譲渡対象外】 とされ、

HPにすら載らない子たち、、、




または、募集しても、

明かに「高齢」 だと分かるほど ヨボヨボ なためでしょうか、、、


新しい飼い主さんを募集し続けても、

誰からも声のかからなかった子たち、、、




彼らが 「うち」 に来た時の

表情や行動を記録していれば、



その後の変化の大きさは、

一目瞭然 なのでしょうが、、、、




まずは、【危険】 過ぎて、できない




お世話のため、

ハウスから出したら、

(自分が)生きて帰って来れるか、、、

毎回、そんな状態の子もいます、、、




理想 は、あくまでも 「理想」


うちは、「現実」 と向き合っています。




悲しい過去を背負い、

病気や障害など、目に見える「傷」 を負っている子は、


ニュース等で取り上げられ、

飼い主希望者が殺到します



しかし、


目に見えない「心」 に、

深く、深く、深く「傷」 を負った子たち も同じように、、、




理解し、

寄り添う存在が必要だと

思うんです




私は、

うちに来るような子たちが、

なんでかな、

とにかく愛おしい



だから、、、


うちに来たばかりの時の表情を残すことが

苦しいのです、、、



だって、本来のあの子らじゃないもの、、、



前置きが長くなりましたが


だから、ここに出す写真は、


私を含めた 「人間」 を受け入れてくれた後の

めんこい写真です




何度も新しい飼い主さんに譲渡されては、
 
  やはり噛むために保健所に返され続けた子は、、、



まおちゃん笑顔


来てからは、破壊行動が激しく

ハウスをボロボロにし、

脱走しかねなかったので、

玄関に連れてきたら、、、


まおちゃん

鏡見たり

「人間」 の存在を感じれれば、

破壊行動は起こさないと分かると、


ま縮小三

「手も噛むから、おやつも投げてました」

と言われていたのに、

優しく、そっと食べてくれる子でした


自分の物を捕られる!!と思ったり、

手で殴られていたのか、

手が上にあがったりすると、ダメでしたが、、、




体調が悪くなり、

最期が近くなってくると、、、


縮小④

なでさせたり、

抱っこも受け入れて、、、



アニマルコミュニケーションをしてもらったら、

「まるで、修行僧のようだ、、、」 と。

自分に厳しかった子のようでした、、、



しかし、、、



「もう、がんばらなくてもいいよ

「甘えていいんだよ


と伝えていたら、、、



私の腕の中で、

まるで、

固い氷山のような冷たい氷が溶けていく感覚


くた~~~っと身をゆだねてきたのです。




こだわり、

つらぬき、

こつぱって(方言かな?) 生きてきた




本人には大事なものだったのでしょうが、

こちらから言わせれば、

「要らないもの」

を1つ1つ捨てて、



「本来の まおちゃん」 になって、

お空に帰って逝きました





虐待によって人間不信になっていた子は、、、



空き缶の山の中のほんの少し空いたスペースに

リードも短くなり、宙づりになっていた子、、、



かなりの高齢でしたが、日本犬特有というか、

他人を受け入れず、

血気盛ん


ヨーヨー縮小

しかし、

みんなで声をかけ続け、



縮小①

こんな表情に



縮小②

すっかり、アイドル的存在となりました


さすがに、18才を間近にすると、


縮小1

寝ていることが多くなり、



「草やお花の香りが好き

と言うので、


グランドに抱っこしていったら、

縮小③

この表情


この子も、「介護、どうするかな~

と言っていたほどでしたが


まおちゃんと同じ


余計な 「こだわり」 「強がり」

全て捨てて逝きました






「背中を向けると、襲って来るでしょ!!」 と言われ引き取って来た子は、、、




お迎えに行った前の日も、

飼い主さん、ガブリとやられていました、、、



G.シェパードと柴犬のミックス

大きさは、シェパード寄りだったため

一応、注意しながらでしたが、



縮小一

ん~~~、

この子に関しては、、、


確かに、うちでは「噛ませない気遣い」 を大事にしておりますし、

現に飼い主さんの噛まれた傷を見たり、話しを聞くと、


ただ事じゃない、

「噛まれる」 のレベルではなく、

「襲われる」 というレベルなのは明か、、、



しかし、、、



縮小三


うちに来てから、

お空に帰るまで、




縮小元気

1回も唸り声や歯をむいて威嚇することすらしませんでした、、、



もぐ縮小2

『Amazon欲しいものリスト』 等の全国の皆さまからのご支援を

うれしそうに食べる もぐちゃん



皆さんには、本当に感謝しかありません




一度は裏切られ、

憎んだ 「人間」 を、


たくさんのあたたかい思いによって、


もぐちゃんピトォ~縮小

また、信じてくれる彼らに、

心から感謝です





皆さん、

いかがだったでしょうか


うちに来るような、

攻撃性が強い!!と判断され、

本来なら、

「命」を絶たれてしまっている子たち、、、



みんなと変わらない、

同じ 「命」 ではありませんでしたか?



このブログ、

Facebook、

「NPO法人命ほにほに」のHP

に立ち寄って下さった方々にだけでも、

知ってほしかった、、、



彼らも、

みんなと同じ、



いや、

みんな以上に、



「優しくて、繊細で、壊れやすい」


そんな子たちなんだ


ってことを、

知ってほしかった。。。




なかなか一般世間には

受け入れてもらえないかもしれませんが、




うちは、今までと変わらず、

こんな子らをサポートし続けていきます





2020年04月29日 (水) | 編集 |
この活動をしていると、

時々、言われます、、、



ゴン縮小







『もう、亡くなるの、馴れたでしょ』






言われたら、


「いやいや、、、」



とごまかすのが精一杯だった、、、





ミネル縮小






でも、、、


この子らの 瞳 を見ていると、、、





ティー君縮小





言わなきゃいけないな、、、と思った、、、






ケンちゃん縮小




あなたは、、、


愛する、

愛おしい、


『我が子』 を、



何度も、 何度も、、、

何度も、 何度も、、、




見送ることが、、、

できますか?





アイ縮小




『辛いなら、 やめればいいのに』



「なんで、やめないの?」



とも言われます、、、



なんで、

やめないか???




それは、、、



のと縮小




私の 【使命】 だから




み~んなに、 

嫌われ、、、

恐がられ、、、


ひとりぼっちになった


この子らの、



ラッキー縮小



枯れ果てた (心) に



みんなからいただいた あったか~い 「愛情」 を注いで、



パンパンにして、


お空に返す




これが、

私の 【使命】 です。




ぽちゃ縮小



笑いたければ、 笑えばいい。




ラブちゃん縮小



私は、真剣にそう思っているし、


今までも、

これからも、

ずっと、 ずっと、、、




彼らと共に生き

彼らに寄り添い

彼らに支えられ


【最期】 は、しっかりと、


 お空 に 送り届けます 



同じ思いの

みなさんと、共に