fc2ブログ
2021年03月11日 (木) | 編集 |
あの時、、、

10年後の自分を、

想像することすらできなかった、、、



「できなかった」 というよりは、

「想像してはいけない」 と思った。


目の前のことだけを見つめ、

ただひたすらに 「生きる」


それだけだったことを思い出した、、、



10年後



私は、ふるさとを出ました、、、


でも、


傍らには、

添い寝をしてあげると、

く~く~寝れる老犬ジローがいます。



場所は変わっても、


あの時、誓った 『思い』 は変わらず



【命 生ききる】



また、ジローじいさんが鳴き出したので、


『添い寝』 に戻ります。


口の中の腫瘍が大きくなってきました、、、


介護できる幸せを噛みしめながら、



【今日(3月11日)】 という日を


彼ら(保護犬)と共に


迎えます。


たくさんの 御霊 に 合掌
2021年03月06日 (土) | 編集 |
『子犬用のフードやミルクが、 足りなーい!!!』


『成犬用フードが、 底をつきましたー!!!』


と叫んだら、


愛の手  がたくさん差しのべられ


改めて、

目の前にいるこの子ら は、

み~~~んなに愛されているんだな~

目頭が熱くなります

本当に本当に、ありがとうございます




今回は、

そんな彼らを、

さらに知ってもらおう


と思い、企画しました





3月20日イベント縮小



マスコミにも取り上げられ、

『保護犬』 たちへの関心は、

以前に比べ、

かなり多くなってきたと実感しております。



しかしながら、、、


だんだんと、、、


【イメージ】 だけが先行し、


残念なケースもまた、


増えつつあります


ですので、


できるならば、


実際に、【保護施設】 という場所に足を運び、


ご自分の 目 鼻 耳 触れた感覚 などで、


ご自分で感じ


そこで、改めて考えてほしいのです


【自分にできることは何か?】


【自分が本当にやりたいことは何なのか?】



ペットの里さん(HP) が、

当日、オンライン中継 も検討中とか



あの日(3月11日) も近づいて来ました


じっくりと、また考えましょう



まずは、


【自分の 『命』 を生ききる】 ために
2021年02月19日 (金) | 編集 |
今回は、引っ越した先の 『ペットの里』 (HP からの提案をご紹介いたします


【ねこをどうにかしたい―!!!】


確かに、私も保護活動をしていて、

保健所や保護施設に問合せが来るねこちゃんたち

数の多さに、、、

どうにかならないかな、、、

と思っておりましたが




そんな時!!

ペットの里さんからの提案を聞きました


こちら

プラス こちら



今までのやり方で、

もう、限界を感じませんか?




ペットの里に引っ越して来て、

ほぼ毎日のように来る 


『飼えなくなったので、

もしくは、保護したのですが、

引き取ってもらえませんか?』




という電話、、、



大概、迎える側も、

保護施設などから

すでに何匹も迎えて下さっているケースが多く、、、



ここで、もう、


方法や考え方、

こだわりを、


全て捨て、、、



新しいことを始めない限り、

この 『命たち』 は、、、


いつまでたっても救えない



そう、【現状】 を受け入れるしかない!!




【為せば成る

為さねばならぬ何事も】




みなさん!!

変わりましょう 


今までの 【こだわり】 を捨て、


チャレンジしてみましょうよ


今を生きている 【命たち】 のために



※ 1人でも多くの方々に届きますよう、
  拡散お願い致します

2021年01月23日 (土) | 編集 |
【かわいそうだから】

だけでは、絶対にダメ!!


松山犬縮小


前回、当団体 : 保護施設の 引っ越し報告 を書きましたが、


本来の引っ越し予定日の前日(12月9日)にこのようになり、

引っ越しを延期して、

まずは 生き残った赤ちゃん を守るため獣医さんに走り、

その後、

保健所と協力し、母犬を探し出し、

母子を 静かで安全な場所 で再会させ、

育児放棄していた状態から、

無事、母犬は育児できる状態になり

生き残った赤ちゃんも今では、

兄妹ゲンカ をするくらいにまでなりました


※ 所有権等の問題があり、親子の写真はまだ出せません



それで!!!


今回は、お願いがあります!!!


このように新聞やテレビのニュースで放送されたので、

保護された成犬の里親希望者になりたい!!

というありがたい連絡が、

岩手県内外から来ているそうですが、

改めて考えていただきたいことがあります


それは、


【普通の 「犬」 と考えてはダメ!!】


ということです


【社会化が全くされていない犬】 は、


『野生動物』 とイメージして下さい。


今回、保護された成犬たちは、


比較的、人懐っこい 


けれども、

それはあくまでも、


普通の野良犬と比較して の表現であって、


一般の皆さんが目にする 「ペットとしての犬」


とは、全く違う!!

ということを十分理解した上で、


『その命を一生守る!!という覚悟』


を持って、里親に手をあげてほしいのです


社会化がされていないと、

とにかく 【私たち人間】 を極端に恐がります

事実、

迎えたけど、「馴れない」

という理由で、また保健所や保護施設に戻してしまったり、

やっと救い出せた命なのに、逃げられてしまったり、、、


野良犬だったり、今回のように極端に社会化されていない犬は、

常に 「逃げよう」 とします


飼育経験があるから大丈夫!!

という自信は、捨てて下さい



覚悟を決め

迎えていただけるならば、


必ず、相談できる場所 (野良犬を扱った経験のある保護施設や訓練所等)

と連絡取り合いながら、


その子を一生、守っていっていただきたい


皆さんのあたたかいお気持ちには、

心から感謝しております



だからこそ、悲しいことが繰り返さないように、

今一度、自分に問い、


【命を迎えることへの責任】


を改めて感じてほしい


という思いで書きました


まずは、1つでも多くの 『幸せの赤い糸』

結ばれますことを心から祈っております
2021年01月13日 (水) | 編集 |
日々の活動やご支援等のご報告が遅れ、

毎回、謝り続け、改善もせず、

さらには、年末年始のごあいさつまで

大変申し訳なく思っております



そして、当団体、

大きな大きな節目を迎えました




この度、当団体 「NPO法人命ほにほに」 は、

現在、保護している犬たちのことを最優先に考え、

同じ岩手県内(滝沢市)にあります


「一般財団法人ペットの里」HP


内に移転し、

今後は、お互い協力し合いながら、

同じ目的に向かって邁進して参ります。






引っ越してから1ヵ月が経とうとしております。


ペットの里縮小

(奥に見えるのが、『岩手山』 です

手前のフェンスが広大なドッグランです  )




この間にも、

写真でお分かりのように、

素晴らしい大自然の中での生活環境の影響が大きいんでしょうね、


特に、

恐がりで怯えが強かった元野良犬たち に至っては、

以前の環境では、車や近所の人にも怯え、

お散歩できる範囲が、かなり制限されていたのに、



こちらに来てからは、

とにかく、行動範囲が急激に広がり、

さらには、ペットの里のスタッフ = 知らない人 でも、

極端に怯えることなく、

お散歩にも行けております

(もちろん、代表をはじめ、スタッフさんたちの

あたたかい気持ち も伝わるんでしょうね




このように、目を見張る成長が多々見受けられ、

非常に驚いておりますが、



それもこれも、

以前の場所で、


とにかく彼らを信じ、

気持ちや細かなしぐさを大切にしながら、

お散歩に毎日毎日通って下さったお散歩ボランティアさんの積み重ねが、

彼らの心の土台 となっていたんですね


いや~~~、


あの日々、怯えながら生活していた彼らを見ていただけに、

感無量です



そして、

そんな日々を遠方等により、

実際に手伝えない方々からの 【様々な形のご支援】 があってこそ、

安心して、 彼らを支えることができるのです


今回の引っ越しに関しても、

ブログでお知らせできないまま、

【極寒の地 】 に来ることとなったため、

Amazonの欲しいものリスト にだけ、

詳細は後ほど!!としか書かず、


『オイルヒーターをお願いします


と載せたら、


全国の方々から、 熱いお気持ちが届き


みんなが、マイナス16度 の寒さに震えることなく

過ごせております


他、フードやおやつ等も、

クリスマスプレゼント のように届きました


このように、お礼のご報告もままならないのに、

彼ら(保護犬たち)のために、

繰り返し、繰り返し、

ご支援下さる方もいらっしゃいます



本当に、本当に、本当に、

ありがとうございます


あらためて、

これまで、ご理解ご協力承りました方々に、

心の底から感謝申し上げます 



そして、

今後も、今までと変わらず、

いや、

より一層、

彼らの幸せ のためにがんばって参りますので、



今後とも、変わらぬご支援を

「ペットの里」 共々、

何卒何卒よろしくお願い致します。







※次回は、「しゅしゅちゃんの奇跡

をお届けしたいな~~~