FC2ブログ
2020年03月17日 (火) | 編集 |
北九州市 から、

クリスマスの日に、

2頭でやってきた 元野良犬ちゃん



来てからは、

かなりの期間、


縮小一

こんな感じで、ケージの奥底に引っ込んでました


で、

野良犬ちゃんたちに共通なのが、


縮小四

辺りが暗くなると、、、

安心』 するんですよね



そんな幸太も、

お散歩ボランティアさん達のおかげで、

だいぶ、日中のお散歩にも馴れ


ついに!!


新しい飼い主さんのもとへ


丈太朗は、テレビの映像に、

むちゃくちゃ ビビっていたようですが



幸太 改め 『コータ』 は


縮小①



思いっきり、  見てます



コータは、先住犬のいないお家にいったので、

1頭になってしまったし、

馴れるのに時間がかかるだろうな

と心配してましたが



縮小②

おや


縮小③

おやおや~



縮小⑧

ほ~~~


予想をはるかに超える写真が、

パパママさんから送られて来ます



ついには



縮小⑤

いやはや






そんな矢先   事件は起こりました



【コータが逃げたー !!! 】



車に乗せる練習をしていて、

首輪が 「スポッと


1度は、戻りかけたそうですが、

そういう時に限って

いつも来ないウォーキングの人が迫って来てしまい、

コータは、パニックになって、

いつもお散歩で、


縮小⑥

こうやって気にしていた所から

山に入ってしまったそうです



すぐに電話をいただき、

大の仲良しだった 「せいちゃん 」 と共に、

捜索に向かいましたが、

まだパニックのようで

結局、その日は雨もかなり降ってきて、

暗くもなってきたので帰りました


長引くと、、、

早めにアニマルコミュニケーションの先生 (HP)に相談し、

次の日、コンタクトをとって下さることに



「万が一、お家に帰ることもあるから!!」 と、

家のドアも開けててもらいましたが、

やはり戻らず、

家の外にコータが入っていたバリケン(ハウス)を置き、

中には、おいしいご飯を入れてもみましたが、、、



戻った形跡はなかったそうで、、、



いざ!!  捜索2日目



待ってろ!!  コータ!!  

必ず、見つけるからなー



アニマルコミュニケーションの先生 : ちゃこちゃんとやりとりしながら、


ここには出せませんが、

コータのいなくなった場所=自宅付近で、

ちゃこちゃんが気になる箇所を示した地図が携帯に送られて来て、、、



まずは、ちゃこちゃんが 1番 気になる所を

昨日に引き続き、

コータと大の仲良しだった 「せいちゃん」 と確認に向かいました



ちゃこちゃんの説明に出て来る物や雰囲気が、

目の前にあるんです~


意味、分かります???


つまり!!


1度も来たことのない場所なのに、

「まさに、ここに違いない!!」

という感じに、私、大興奮



「近くにいるよ!!」



その言葉を信じ、


ちゃこちゃんの言葉を思い出しました。



「コータ君、あまりお腹が減ってないみたい。

でも、夜中に歩いていて、落ちてたジャーキーは見たらしく、

あとで食べよう!! と思ったようです。


でも、無くなってた、、、と。」




そうなんです!!


コータが山に入ってしまった場所に、

昨日、私、ジャーキーを置いていったんです



そして、朝、来た時、

そのまんまになっていたので、ジャーキーを拾ったんです。



それを思い出し、


あそこを通ったなら、

また通るかもしれない!! と、

ジャーキーを置きに行きました。



その現場で、せいちゃんとちょっと遊んでました


せいちゃんの臭いで、

コータ、出て来ないかな~って




ん???  



いた======



縮小⑦

コータ~~~~~~



居なくなってから、次の日に見つかるなんて

【奇跡】



その後、道路状況もいいから、

丈太朗たちもこっち(岩手県宮古市)に来れる というので、



仲良し3兄弟で、


縮小⑭

「せいちゃん」 の新しいお家が決まったお祝い をしました



縮小⑬




2ヵ月ぶりだったから、


縮小⑩

みんな、


縮小➈

うれしそう



コータ


戻って来てくれて、

本当に、本当にありがとう



縮小⑪

あれだけ、身体を触られるのを嫌がっていたコータなのに。



丈太朗に引き続き、

コータも、【運命の出逢い】 だったんだろうな  とすごく感じます。


縮小④

こんなにリラックスしてるコータを、

うちでは見る事はありませんでしたからね




ここで、注意!!



今、テレビでも

『保護犬』
『元野良犬』 


が多く取り上げられておりますが、


特に、元野良犬だった子を迎えるには、

相当の 【覚悟】 が必要!! 


ということを、

今一度、皆さんには確認しておきたいのです



飼い犬が当たり前にできることが、

元野良犬たちには、ありえない事


そんな彼らを、

ひたすら信じ続けてくれる


大きな

広く

そして、深い心


を持っていなければ、

彼らを受け入れることはできません



それだけ難しいケースですが、


彼らに真剣に、一生懸命、

向き合おう


と決心して下さったご家族のみなさんには、

本当に心から感謝しかありません



彼らに限らず、

うちに来る「命」は、

一度は、「いらない!!」 

と捨てられた子たちです。


そんな子たちを

あたたかい気持ちで迎えて下さった

里親さん、

お散歩ボランティアさん、

ご支援で支えて下さっている皆さん、


本当に本当にありがとうございます




最後に、めんこい小話


縮小⑫

逃げちゃったコータ

チャコちゃんに言ったそうです


「迎えに来て~」


ほにほに   めんこい コータ でちた
2020年03月11日 (水) | 編集 |
今日は、 3月11日


『あの日から、9年』 。。。



私の 『ふるさと』 です


縮小①

震災があって、

我に返り、思ったこと。。。

「三王岩は、大丈夫か?」




縮小二十市

田老のシンボル 『三王岩(さんのういわ)』 は、

何事も無かったように、


縮小⑭
(三王岩 : 裏側)

平然と、

いつもと変りなく立っていたことに、

胸をなでおろしたことを思い出しました






田老の風景です


縮小③




縮小ン⑩




縮小➈




縮小⑩




縮小二十さん




縮小⑱




縮小⑯




縮小⑰




縮小⑦




縮小⑧




縮小⑥




縮小⑪




縮小⑫




縮小22





縮小⑮




そして、今日(3.11)

田老の 防浪堤 にて


縮小①

世間が、新型コロナウイルス のため、

様々な催し物を中止している中、

たくさんの方々が、

祈りを捧げに来て下さいました。


「自分にとって、大切にしなければいけないこと」

を真剣に考えた結論に、

自分に正直に生きる。。。


また、その結論を実行できることに感謝だな

とも思いました



縮小②

写真の真ん中奥が、

震災後に新しくできた高台の町。


右側に、「たろう観光ホテル」




縮小③

この写真の真ん中奥には、

田老湾 が見えていたのですが、

震災後、津波で破壊された防波堤を新しく作るにあたり、

さらに巨大な防浪堤 が、、、






3.11


震災のことを風化しないことも大事


そして、


あれから、各地でも甚大な被害を受ける災害が多発し、


だからこそ、改めて想う 。。。



3.11 は、


『相手のことを想う1日』 にしたいな、、、


【相手】 とは、、、

人であったり、

この地球で共に生きている生物であったり、

「ふるさと」 であったり、

場所であったり、



普段、

何気なく、

当たり前にあるものに、

ふと、足を止め、

気持ちをとめ、


過去 の、

辛かったこと、

悔しかったこと、


楽しかったこと、

うれしかったこと、


様々な記憶に、


思いを馳せ、



そして、考えましょう。。。



【自分は、どう生きたいか】



世の中の 「流れ」 に身をまかせる時も必要だけれど、、、



自分の背負ったものに対して、

「自分は、こう生きたい!!」

と胸をはって宣言できるように、

生きたい!! と、

改めて想った 。。。




縮小⑤

2020年03月07日 (土) | 編集 |
昨年末に、チラっとご報告しましたが


北九州市 から、


たくさんの 【 】 の リレー で、


空を飛び


縮小家族



車にゆられ


ついに、

岩手県の 太平洋 に面した

宮古市 』 に着いた 幸太 と じょ~ぶ 



はじめは、、、

というか、うちに来て、かなりの期間

縮小二

こんな感じでしたが

お散歩ボランティアさん支えられ   愛され

2頭で(縮小)

野良犬 から ペット  になる経験を積み


ついに、


縮小①
 シャンプーや


縮小②
ドライヤーもクリアし




なんと

日本列島を、 まさに 【横断】 し、

秋田県の端っこから、我が家(本州最東端の宮古市)に、

半年間も、毎月1,2回のペースで、

会いに来て下さった方の元へ巣立ちました



新しいお家では、

「じょ~ぶ」 改め 『丈太朗』


新しい家で(縮小)
このように、お友達がたくさんいて、

もちろん、先住犬たちは、

毎回、面会に連れて来ては馴らしておりましたし

淋しくないから安心だな~と思っていましたが



新しい家でも出ない(縮小)

あれ???

この状況、

我が家に来た時と同じ

ケージの奥から出てこないんだそうです


ただし、トイレや運動の時は出て来て、

お外では、だいぶいい感じなんだけど、

お部屋の中では、、、



そうだ!

ワンコ同士に頼り、

「丈太朗」 が 人間(飼い主さん) と関わらなくても、

どうにかなる

と思ってしまったのか、、、



あとは、どうやら、丈太朗、

【テレビ】 の映像 が恐いらしい


他も、同じリビング内でも、

数メートル先すら行けない 日々が続き、

やはり 「全て」 が初体験で恐いんですね



ま~、元野良ちゃんだから、

気長に、

焦らず

とも思ってましたが、


飼い主さんは、そんな丈太朗を受け入れながらも

いろいろ考え、試して下さり


ドアをしめ

ケージのドアを閉めてみたり、


長座布団(縮小)

ケージの外側に、

ワンコはフカフカが好きだから、

テレビの見えない場所に長座布団を敷いてみたり


すると


馴れて来た(縮小)
だんだん馴れて来て


すると(縮小)
先住犬たちも優しく支えてくれて


だんだん(縮小)
こんな表情も出始め


こんなになれるように(縮小)
こぉ~んな格好で寝たり


欲張り(縮小)
カジカジ、2本も



パパにひょい(縮小)
パパさんにも甘えてみたり


そして、


つらなり寝(縮小)
こぉ~んな写真まで撮れちゃったそうです



元野良犬ちゃんの譲渡は、

正直、ものすごく心配でした

しかし、

約2ヵ月あまりで、



だんだん②(縮小)
こんな表情を引き出して下さった 新しい飼い主さんに、

心から感謝だし、

丈太朗 の 『赤い糸』 は、

お互いを引き寄せ合えたんだな~って感じ、

とっても胸が温かくなりました




そして、この言葉に、うれし泣き


「私は、梶山さんの愛するじょ~ぶ君を奪った女(笑) 

丈太朗を、一生大事にします。

誰よりも幸せにします」




野良犬ちゃんを扱ったことがある人なら分かると思います


飼い犬ができる 【当たり前】 のことがどれだけ難しいことなのかが


それでも、

彼らを信じ、

コツコツ いくと、

小さな小さな 「成長」 が見えるようになってきます



丈太朗も、

本来は、消えてしまっていた 「命」 です、、、


ここまで繋いで下さった皆さま、

本当に本当にありがとうございました




丈太朗のママさんのFacebookは、コチラ



かっこいい(縮小)
丈太朗  元気でな

2020年03月02日 (月) | 編集 |
昨年の12月16日

ついに、我が家に 『 秋田犬 』 が来ちゃいました



のと君の縮小


訓練士 といえども、

私は、見習いの頃から含め、

【 秋田犬 】 は、未経験

それでも、

「秋田犬のと君を救おう!!」 プロジェクト

が始まり (コチラ



ついに!
ついに!!


コンテナに、

盛岡から 救世主 コチラ) と (コチラ


バイクの montana さん からは、

お店で集めた募金も 15,730円おやつ をいただきました

さらに、

コンテナへの 『窓 』 も、お声かけていただき、

『野村建築』 さんから、ご寄付いただきました

今までは、明かり をとるために、

頑丈なドアにポリタンクを挟んでいたので

いくら内陸よりは温暖と言っても、東北の冬


本当に助かりました







実際に、のと君が 「来る」 となった時、

あの 【やまと】 を思い出し (ブログでは書いてませんでしたね、、、)

アニマルコミュニケーション をしてもらったら!!



今回、保健所に連れて来られるきっかけとなった

【咬傷事故】 の真相は、切ないものでした、、、




「小さい頃は、かわいがられていた のと君。

ある1件がきっかけで、唸るようになり、

それから、飼い主のお父さんしか触れなくなった、、、」




その唯一触れるお父さんも、

チカラで負けるから、

お散歩に連れて行けなくなり、数年が経ち、、、
(家の裏にワイヤーで移動できるようにはなっておりましたが)



そのお父さんも亡くなり


その後のある夜、

何の拍子か、

ワイヤーにつながれていたリードが外れ


暗闇の中、


たまたま、そこを通ったご近所さんにビックリしたのか、、、

さらに、外れたリードを付け直そうとしたおばあちゃんにも、、、



でも、、、

この時の、のと君の気持ちが切なかった


「のと君は、おばあちゃんが大好きだった。

だから、すんごく久しぶりに、

「自分に」 会いに来てくれたんだ!! と思い、

のと君は、大喜びで 『おばあちゃーん

と行ったんだそうです。

そしたら、おばあちゃんは「噛まれる!!

と思い、のと君を振り払ってしまいました

6才と中年になり、カッとなりやすくなっていたのと君は、

ついつい、ガブっと、、、」




だぁ~れも会いに来てくれず、

ずっとずっと淋しかったんだそうです



そして、



走りたい!!

思いっきり、走りたい!!



そう言っていたそうです




そんなことを聞いたら、

もう、何でもいいよ

噛んでもいい

怒ってもいい


【怒っても、噛んでも、それが 『のと』 だ

『のと』 は、我が子だ



と心から思えたら、

あれだけあった 【恐怖心】 が、全く無くなり、


すると、

のと君も、

始めこそ、「ウ~ウ~」 唸っていたのに、

すぐに 「キュンキュン」 に変わり




※ 動画 や 写真 は  

 救世主 のお1人の(コチラ) を



本当は、いいやつ なんだ ・・・


された仕打ち



ふてくされて、、、

やさぐれて、、、



でも、

でも、

本当は、、、



みんなと仲良くしたいんだ、、、



『人』 だって、こういう人、いますよね、、、



もしかしたら、、、

『人』 こそ、、、

【ことば】 が通じるからこそ、



受け入れることが、

難しいのかもしれないな、、、



大丈夫だよ


だいじょうぶ



必ず、『味方』 はいる


必ず、『仲間』 はいるから



【大切な命】


みんなで


命生ききろう ぜぃ
2020年03月02日 (月) | 編集 |
みなさま、、

「ご報告」 という題で、

だいたいお察しいただけるかと、、、


前回、 『間に合ったー

と喜んで投稿させていただきました もぐちゃん

縮小11


天国へ旅立ちました


『赤いカート』 を届けていただいた後、

「ハートアクト」 という

心臓に良かったり、

同時に発作を起こした子にすごくよかった!!

と勧められたサプリも、

「匿名希望さん」 から届きましたが、、、

こちらは、、、

ごめんなさい

間に合いませんでした、、、

※でも!!  
  お年寄りは、まだまだいますので、
  大切に使わせていただきます



「赤いカートが届きましたー!!」 とご報告した

次の日の夜、

ほんと、眠るようにお空に、、、



今回も、アニマルコミュニケーション (いやしサロン ちゃこ HP

をしてもらっていたので、

「私が」 安心して、お空に送り出すことができました


もぐちゃんに、

何か、してあげられないだろうか、、、

どうやったら今の状況が、
少しは楽にさせてあげれるだろうか、、、

もぐは、何をしてほしいんだろう


飼い主なら、

みんなが思うことだと思います

それらを全部聞いてもらったら、


もぐちゃんは、  ※非常に非常になまっていたそうです


「はぁ~、いぇ~がぁ~~~。  このまんまでいぇ~がぁ~~~。」

「外さも、うんと出すてもらったぁ~す」

「よぐもすてもらったぁ~す」

「こごも、あったげぇ~もの~~~」




だいたい、わかりますよね?


一応、訳:「もう十分だ~。このまんまで十分幸せだ~」

「お外にも、たくさん出してもらったし」

「優しくもしてもらったし」

「今、寝ているここも、暖かいから大丈夫」



そして、私が安心したのが、

今まで我が家から天国に旅立って逝った子たちが、

心配させないように、お迎えに来てくれていたんです


もぐちゃんには、

ちょうど1年前、お空に戻った 『ウ~フ君』 が、

「なぁ~に、ゆっくり歩いで逝ぐべぇ~す」

と側に寄り添っていてくれたり、


お空からは、まおちゃんが、風船に乗って、

「もうちょっと、日向ぼっこして、梶山さんのとこにいたら?」

と言ってくれてたり


みんなで守り、

みんなでお空に帰って逝くんだと思ったら、

本当に安心し、

それももぐちゃんに伝わるのか、

もう最期は、

苦しみ痛み『恐怖心』 すらなくなって、

お空に旅立てたそうです


も~ぐちゃん

大好きだよ

もぐちゃんピトォ~縮小

【みなさんへ】

ボクは、年老いていましたが、

みんなに優しい声をかけていただき、

おいしいご飯やおかず? トロッとしたおいしいやつ等も

たくさんいただき、毎日ご飯が楽しかったです!!

カートにまで乗せていただき、

久しぶりのお外を満喫できました。


最後は、めまいで恐かったけど、

もうそれもありません。


こんなボクをはじめ、

ここにいる仲間たちのことを思って下さり、

本当にありがとう。


今度、会える時を楽しみに、

ひとまず、ゆっくり休みますね。


本当にありがとう

【 by もぐ 】