2017年11月08日 (水) | 編集 |
はじめての携帯からの投稿😱

だって、パソコンちゃん、繋がらないんだもん~😖


今週末の譲渡会に、

いつもタロちゃんがお世話になっている

「人と動物の絆momo太郎」さんの

猫部「保護猫アンドゥ」さんから、

子猫さんたちも、新しい飼い主さんを求めて来まーす😄
2017年11月05日 (日) | 編集 |
いっつもながら

緊急告知


11月11日() 12日(

譲渡会 お散歩体験会   を開催します


時間:12 時~15 時

場所: あそぼう❤タロちゃん(宮古市崎山1-12)

内容: ①譲渡会…うちで保護した犬たちの新しい飼い主さん探し

     ②お散歩体験会…保護犬たちとお散歩してみましょう

              万が一に備え、保険に加入いただきます。
               (詳細は、後ほどお知らせ致します。)

お問合せ: 090-4313-5114 (梶山)

        hisae.kajiyama@gmail.com (梶山)


赤い糸で結ばれた『ご縁

同じ志をもつ仲間との出逢い



様々な事が、

「用無し!!」

と人間社会に告げられた『命たち』 によって、

動き始めます


彼らのために、

何か、してあげたいんだけど、、、

と、くすぶっていた「あなた」



ブログ記事:譲渡会用写真(保護犬たち)縮小版

さぁ

彼らと共に、

自分にできる 新たな1歩を踏み出しましょう


みんなで、待ってま~~~す
2017年05月13日 (土) | 編集 |
先日、里親募集をしました トイプードルの モカ君
モカ②縮小

皆さんからお問合せいただき、本当にありがとうございました


実は、モカ君の飼い主さんから連絡が入り、


「やむを得ず、里親募集をお願いしておりましたが、

 ずっと娘と相談をし続け、最終的に、娘家族のところに

 お願いすることに決めました。
ご迷惑をおかけし、

 申し訳ありませんでした。」 と


モカ君の幸せのために、

ご自身が迎えられないかと考えて下さったり、

この記事をシェアしていただいたり、

知人に紹介して下さったり、

本当にたくさんの方々が動いて下さったことに、

心から感謝申し上げます


モカ君にとっては、何度もお世話になっていたところだったようだし、

1番安心できるのではないかな~と思います


皆さん、いつもいつも、温かいお気持ちを、本当にありがとう
2017年05月08日 (月) | 編集 |
今日は、先日、高齢にもかかわらず、

新しい飼い主さんと出逢った だいちゃん に引き続き、

とっても嬉しいニュースです



みなさんにご支援いただき、

無事、子宮蓄膿症の手術を乗り越えた

黒ラブの マリンちゃん

小西パパと縮小

『運命の赤い糸』 で結ばれたとしか思えません


5月6日の 「タロちゃん見学会」 に急きょ、参加を決め、

盛岡から来ていただいたお母さんとお姉さん

「実は、ずっと「ほにほにブログ」を見ていて、、、」

「2年前に黒ラブちゃんを14歳で亡くし、それから、

 灰色の毎日で、、、」と


おっ マリンちゃんとお散歩してみますか?


みんなで、保護犬たちと近所の 「崎山貝塚」 の公園をお散歩


その後も一緒にいる姿に、みんなで、

「もう、〇〇さんちの子になってるね~」 と言っていました。


そして、見学会が終わる頃、みんなの前で決めて下さいました

もう、みんな拍手喝采


次の日、迎える準備を整え、

今度は、お仕事の都合をつけたパパさんも

一緒にマリンをお迎えに来て下さいました

同時に、たくさんの保護犬へのご寄附もいただきました

これからも、新しい飼い主さんを待つ仲間たちの健康管理に

使わせていただきます


ほぉ~んとに、一家そろって優しそうな家族に囲まれ、

車のハウスにも上手にピョコっと乗りました


だいちゃんの時もそうでしたが、

ワンコたちは、全てを分かっているような気がします


マリンを応援して下さった皆様、

本当にありがとうございました

マリンにかわって、心から感謝申し上げます
2017年04月25日 (火) | 編集 |
今日は、新しい飼い主さんを探しているワンちゃんの

紹介でした



モカ②縮小
【モカ君】

2013年8月生まれ(3才8ヵ月)

オス(未去勢)


家庭の事情により、お世話が困難になったとのこと。

モカ君に悲しい、寂しい、辛い思いをさせたくない!!

と思い、泣きながら苦渋の決断に至ったそうです、、、



モカ①縮小
モカ君は、室内トイレのしつけがまだできないようです。

しかし、タロちゃんでお預かりした時は、

ハウスも嫌がらず、

ハウスの中で、おもらしも1回もしませんでした。

まだ緊張感も残っていたのか、無駄吠えも一切なく、

「自分をハウスから出して~!!」の要求吠えもナシ!!



誰しもが、ワンちゃんを迎えた時は、

『終生飼育』 なんて言葉すら考えないほど、

その子の最期を看取るのは、当たり前の感覚でいると思います。


しかし、

飼い主さんの涙に、ふと思いました、、、


「自分もこのブログを書き終え、

次の仕事へ移動のために車を運転して、

事故にあって半身不随になってしまったら、、、

かわいい、かわいい我が子を手放さなくてはいけなくなるよな、、、」


そんなことを思うと、胸を切り裂かれる思いです、、、


人生、何が起きるか分からない、、、

だからこそ、「あとで、、、」 ではなく、

「今」

『ありがとう』 と 『大好きだよ~!!』

を伝えようと心がけております


モカ君を幸せにして下さる方、

090-4313-5114(梶山) までお電話下さい。

電話に出れない場合が多々ありますが、折り返し連絡いたします


モカ君、善いご縁を願ってます