FC2ブログ
2020年09月10日 (木) | 編集 |
まもる。。。

まもる縮小


なかなか、、、

なかなか、、、

書けなかった、、、


写真は、これ1枚しかない、、、


なぜ?って、、、


間に合った!! と思ったから。

おまえを 『守ってあげれた』 と思ったから、、、


体調がよくなったら、

たくさん撮れると思ったから、、、







我が家に来る前から、ずっと軟便だったようで、

環境も変わったのもあり、

下痢が止まらず、

獣医さんに診てもらったら、、、


骨盤内が、ぐちゃぐちゃ だと、、、

あり得ない向きで骨がくっついていたり、、、

骨があるべきところに無かったり、、、



どうしたんだ?

何が、あったんだ?




と思ったが、


そんなことは、もう、どうでもいい!!





おまえを守るからな!!

絶対に、守るからな!!



という思いで名付けた名前。 『まもる』



間に合った!!

あとは、良くなるだけだからな!!


と信じていた、、、



しかし、、、



やっと、や~っと、下痢が止まった日、、、


我が家に来て、2週間も経っていない、、、



まもるは、、、

お空へ旅立った、、、、、、、



あまりに予想外だったため、

アニマルコミュニケーターの 『ちゃこちゃん』HP

に聞いてもらいました。


すると、、、


まもるは、我が家に来て、

「久しぶりに、お母さんや兄弟たちのことを思い出した。

会いたいな~~~」
 

と言っていたそうです、、、、、、、



はぁ~~~

何て切ない、、、


でも!!!


お空に返ったまもるは、

あたたかいお母さんに抱かれ、

お腹いっぱい、ミルクを飲んでいる
と。




もっと、もっと、一緒にいたかった、、、

でも、

まもるが、今、幸せ なら、、、



私は、、、

我慢できるよ。。。



まもる。。。

まもる縮小

大好きだよ。。。

2020年05月31日 (日) | 編集 |
皆さんに知ってほしいことがあります。。。




うちに来る子たちの最期です。。。



ヨーヨー縮小





『うちに来る、、、』

ということは、



保健所でも、【譲渡対象外】 とされ、

HPにすら載らない子たち、、、




または、募集しても、

明かに「高齢」 だと分かるほど ヨボヨボ なためでしょうか、、、


新しい飼い主さんを募集し続けても、

誰からも声のかからなかった子たち、、、




彼らが 「うち」 に来た時の

表情や行動を記録していれば、



その後の変化の大きさは、

一目瞭然 なのでしょうが、、、、




まずは、【危険】 過ぎて、できない




お世話のため、

ハウスから出したら、

(自分が)生きて帰って来れるか、、、

毎回、そんな状態の子もいます、、、




理想 は、あくまでも 「理想」


うちは、「現実」 と向き合っています。




悲しい過去を背負い、

病気や障害など、目に見える「傷」 を負っている子は、


ニュース等で取り上げられ、

飼い主希望者が殺到します



しかし、


目に見えない「心」 に、

深く、深く、深く「傷」 を負った子たち も同じように、、、




理解し、

寄り添う存在が必要だと

思うんです




私は、

うちに来るような子たちが、

なんでかな、

とにかく愛おしい



だから、、、


うちに来たばかりの時の表情を残すことが

苦しいのです、、、



だって、本来のあの子らじゃないもの、、、



前置きが長くなりましたが


だから、ここに出す写真は、


私を含めた 「人間」 を受け入れてくれた後の

めんこい写真です




何度も新しい飼い主さんに譲渡されては、
 
  やはり噛むために保健所に返され続けた子は、、、



まおちゃん笑顔


来てからは、破壊行動が激しく

ハウスをボロボロにし、

脱走しかねなかったので、

玄関に連れてきたら、、、


まおちゃん

鏡見たり

「人間」 の存在を感じれれば、

破壊行動は起こさないと分かると、


ま縮小三

「手も噛むから、おやつも投げてました」

と言われていたのに、

優しく、そっと食べてくれる子でした


自分の物を捕られる!!と思ったり、

手で殴られていたのか、

手が上にあがったりすると、ダメでしたが、、、




体調が悪くなり、

最期が近くなってくると、、、


縮小④

なでさせたり、

抱っこも受け入れて、、、



アニマルコミュニケーションをしてもらったら、

「まるで、修行僧のようだ、、、」 と。

自分に厳しかった子のようでした、、、



しかし、、、



「もう、がんばらなくてもいいよ

「甘えていいんだよ


と伝えていたら、、、



私の腕の中で、

まるで、

固い氷山のような冷たい氷が溶けていく感覚


くた~~~っと身をゆだねてきたのです。




こだわり、

つらぬき、

こつぱって(方言かな?) 生きてきた




本人には大事なものだったのでしょうが、

こちらから言わせれば、

「要らないもの」

を1つ1つ捨てて、



「本来の まおちゃん」 になって、

お空に帰って逝きました





虐待によって人間不信になっていた子は、、、



空き缶の山の中のほんの少し空いたスペースに

リードも短くなり、宙づりになっていた子、、、



かなりの高齢でしたが、日本犬特有というか、

他人を受け入れず、

血気盛ん


ヨーヨー縮小

しかし、

みんなで声をかけ続け、



縮小①

こんな表情に



縮小②

すっかり、アイドル的存在となりました


さすがに、18才を間近にすると、


縮小1

寝ていることが多くなり、



「草やお花の香りが好き

と言うので、


グランドに抱っこしていったら、

縮小③

この表情


この子も、「介護、どうするかな~

と言っていたほどでしたが


まおちゃんと同じ


余計な 「こだわり」 「強がり」

全て捨てて逝きました






「背中を向けると、襲って来るでしょ!!」 と言われ引き取って来た子は、、、




お迎えに行った前の日も、

飼い主さん、ガブリとやられていました、、、



G.シェパードと柴犬のミックス

大きさは、シェパード寄りだったため

一応、注意しながらでしたが、



縮小一

ん~~~、

この子に関しては、、、


確かに、うちでは「噛ませない気遣い」 を大事にしておりますし、

現に飼い主さんの噛まれた傷を見たり、話しを聞くと、


ただ事じゃない、

「噛まれる」 のレベルではなく、

「襲われる」 というレベルなのは明か、、、



しかし、、、



縮小三


うちに来てから、

お空に帰るまで、




縮小元気

1回も唸り声や歯をむいて威嚇することすらしませんでした、、、



もぐ縮小2

『Amazon欲しいものリスト』 等の全国の皆さまからのご支援を

うれしそうに食べる もぐちゃん



皆さんには、本当に感謝しかありません




一度は裏切られ、

憎んだ 「人間」 を、


たくさんのあたたかい思いによって、


もぐちゃんピトォ~縮小

また、信じてくれる彼らに、

心から感謝です





皆さん、

いかがだったでしょうか


うちに来るような、

攻撃性が強い!!と判断され、

本来なら、

「命」を絶たれてしまっている子たち、、、



みんなと変わらない、

同じ 「命」 ではありませんでしたか?



このブログ、

Facebook、

「NPO法人命ほにほに」のHP

に立ち寄って下さった方々にだけでも、

知ってほしかった、、、



彼らも、

みんなと同じ、



いや、

みんな以上に、



「優しくて、繊細で、壊れやすい」


そんな子たちなんだ


ってことを、

知ってほしかった。。。




なかなか一般世間には

受け入れてもらえないかもしれませんが、




うちは、今までと変わらず、

こんな子らをサポートし続けていきます





2020年04月29日 (水) | 編集 |
この活動をしていると、

時々、言われます、、、



ゴン縮小







『もう、亡くなるの、馴れたでしょ』






言われたら、


「いやいや、、、」



とごまかすのが精一杯だった、、、





ミネル縮小






でも、、、


この子らの 瞳 を見ていると、、、





ティー君縮小





言わなきゃいけないな、、、と思った、、、






ケンちゃん縮小




あなたは、、、


愛する、

愛おしい、


『我が子』 を、



何度も、 何度も、、、

何度も、 何度も、、、




見送ることが、、、

できますか?





アイ縮小




『辛いなら、 やめればいいのに』



「なんで、やめないの?」



とも言われます、、、



なんで、

やめないか???




それは、、、



のと縮小




私の 【使命】 だから




み~んなに、 

嫌われ、、、

恐がられ、、、


ひとりぼっちになった


この子らの、



ラッキー縮小



枯れ果てた (心) に



みんなからいただいた あったか~い 「愛情」 を注いで、



パンパンにして、


お空に返す




これが、

私の 【使命】 です。




ぽちゃ縮小



笑いたければ、 笑えばいい。




ラブちゃん縮小



私は、真剣にそう思っているし、


今までも、

これからも、

ずっと、 ずっと、、、




彼らと共に生き

彼らに寄り添い

彼らに支えられ


【最期】 は、しっかりと、


 お空 に 送り届けます 



同じ思いの

みなさんと、共に

2020年03月17日 (火) | 編集 |
北九州市 から、

クリスマスの日に、

2頭でやってきた 元野良犬ちゃん



来てからは、

かなりの期間、


縮小一

こんな感じで、ケージの奥底に引っ込んでました


で、

野良犬ちゃんたちに共通なのが、


縮小四

辺りが暗くなると、、、

安心』 するんですよね



そんな幸太も、

お散歩ボランティアさん達のおかげで、

だいぶ、日中のお散歩にも馴れ


ついに!!


新しい飼い主さんのもとへ


丈太朗は、テレビの映像に、

むちゃくちゃ ビビっていたようですが



幸太 改め 『コータ』 は


縮小①



思いっきり、  見てます



コータは、先住犬のいないお家にいったので、

1頭になってしまったし、

馴れるのに時間がかかるだろうな

と心配してましたが



縮小②

おや


縮小③

おやおや~



縮小⑧

ほ~~~


予想をはるかに超える写真が、

パパママさんから送られて来ます



ついには



縮小⑤

いやはや






そんな矢先   事件は起こりました



【コータが逃げたー !!! 】



車に乗せる練習をしていて、

首輪が 「スポッと


1度は、戻りかけたそうですが、

そういう時に限って

いつも来ないウォーキングの人が迫って来てしまい、

コータは、パニックになって、

いつもお散歩で、


縮小⑥

こうやって気にしていた所から

山に入ってしまったそうです



すぐに電話をいただき、

大の仲良しだった 「せいちゃん 」 と共に、

捜索に向かいましたが、

まだパニックのようで

結局、その日は雨もかなり降ってきて、

暗くもなってきたので帰りました


長引くと、、、

早めにアニマルコミュニケーションの先生 (HP)に相談し、

次の日、コンタクトをとって下さることに



「万が一、お家に帰ることもあるから!!」 と、

家のドアも開けててもらいましたが、

やはり戻らず、

家の外にコータが入っていたバリケン(ハウス)を置き、

中には、おいしいご飯を入れてもみましたが、、、



戻った形跡はなかったそうで、、、



いざ!!  捜索2日目



待ってろ!!  コータ!!  

必ず、見つけるからなー



アニマルコミュニケーションの先生 : ちゃこちゃんとやりとりしながら、


ここには出せませんが、

コータのいなくなった場所=自宅付近で、

ちゃこちゃんが気になる箇所を示した地図が携帯に送られて来て、、、



まずは、ちゃこちゃんが 1番 気になる所を

昨日に引き続き、

コータと大の仲良しだった 「せいちゃん」 と確認に向かいました



ちゃこちゃんの説明に出て来る物や雰囲気が、

目の前にあるんです~


意味、分かります???


つまり!!


1度も来たことのない場所なのに、

「まさに、ここに違いない!!」

という感じに、私、大興奮



「近くにいるよ!!」



その言葉を信じ、


ちゃこちゃんの言葉を思い出しました。



「コータ君、あまりお腹が減ってないみたい。

でも、夜中に歩いていて、落ちてたジャーキーは見たらしく、

あとで食べよう!! と思ったようです。


でも、無くなってた、、、と。」




そうなんです!!


コータが山に入ってしまった場所に、

昨日、私、ジャーキーを置いていったんです



そして、朝、来た時、

そのまんまになっていたので、ジャーキーを拾ったんです。



それを思い出し、


あそこを通ったなら、

また通るかもしれない!! と、

ジャーキーを置きに行きました。



その現場で、せいちゃんとちょっと遊んでました


せいちゃんの臭いで、

コータ、出て来ないかな~って




ん???  



いた======



縮小⑦

コータ~~~~~~



居なくなってから、次の日に見つかるなんて

【奇跡】



その後、道路状況もいいから、

丈太朗たちもこっち(岩手県宮古市)に来れる というので、



仲良し3兄弟で、


縮小⑭

「せいちゃん」 の新しいお家が決まったお祝い をしました



縮小⑬




2ヵ月ぶりだったから、


縮小⑩

みんな、


縮小➈

うれしそう



コータ


戻って来てくれて、

本当に、本当にありがとう



縮小⑪

あれだけ、身体を触られるのを嫌がっていたコータなのに。



丈太朗に引き続き、

コータも、【運命の出逢い】 だったんだろうな  とすごく感じます。


縮小④

こんなにリラックスしてるコータを、

うちでは見る事はありませんでしたからね




ここで、注意!!



今、テレビでも

『保護犬』
『元野良犬』 


が多く取り上げられておりますが、


特に、元野良犬だった子を迎えるには、

相当の 【覚悟】 が必要!! 


ということを、

今一度、皆さんには確認しておきたいのです



飼い犬が当たり前にできることが、

元野良犬たちには、ありえない事


そんな彼らを、

ひたすら信じ続けてくれる


大きな

広く

そして、深い心


を持っていなければ、

彼らを受け入れることはできません



それだけ難しいケースですが、


彼らに真剣に、一生懸命、

向き合おう


と決心して下さったご家族のみなさんには、

本当に心から感謝しかありません



彼らに限らず、

うちに来る「命」は、

一度は、「いらない!!」 

と捨てられた子たちです。


そんな子たちを

あたたかい気持ちで迎えて下さった

里親さん、

お散歩ボランティアさん、

ご支援で支えて下さっている皆さん、


本当に本当にありがとうございます




最後に、めんこい小話


縮小⑫

逃げちゃったコータ

チャコちゃんに言ったそうです


「迎えに来て~」


ほにほに   めんこい コータ でちた
2020年03月07日 (土) | 編集 |
昨年末に、チラっとご報告しましたが


北九州市 から、


たくさんの 【 】 の リレー で、


空を飛び


縮小家族



車にゆられ


ついに、

岩手県の 太平洋 に面した

宮古市 』 に着いた 幸太 と じょ~ぶ 



はじめは、、、

というか、うちに来て、かなりの期間

縮小二

こんな感じでしたが

お散歩ボランティアさん支えられ   愛され

2頭で(縮小)

野良犬 から ペット  になる経験を積み


ついに、


縮小①
 シャンプーや


縮小②
ドライヤーもクリアし




なんと

日本列島を、 まさに 【横断】 し、

秋田県の端っこから、我が家(本州最東端の宮古市)に、

半年間も、毎月1,2回のペースで、

会いに来て下さった方の元へ巣立ちました



新しいお家では、

「じょ~ぶ」 改め 『丈太朗』


新しい家で(縮小)
このように、お友達がたくさんいて、

もちろん、先住犬たちは、

毎回、面会に連れて来ては馴らしておりましたし

淋しくないから安心だな~と思っていましたが



新しい家でも出ない(縮小)

あれ???

この状況、

我が家に来た時と同じ

ケージの奥から出てこないんだそうです


ただし、トイレや運動の時は出て来て、

お外では、だいぶいい感じなんだけど、

お部屋の中では、、、



そうだ!

ワンコ同士に頼り、

「丈太朗」 が 人間(飼い主さん) と関わらなくても、

どうにかなる

と思ってしまったのか、、、



あとは、どうやら、丈太朗、

【テレビ】 の映像 が恐いらしい


他も、同じリビング内でも、

数メートル先すら行けない 日々が続き、

やはり 「全て」 が初体験で恐いんですね



ま~、元野良ちゃんだから、

気長に、

焦らず

とも思ってましたが、


飼い主さんは、そんな丈太朗を受け入れながらも

いろいろ考え、試して下さり


ドアをしめ

ケージのドアを閉めてみたり、


長座布団(縮小)

ケージの外側に、

ワンコはフカフカが好きだから、

テレビの見えない場所に長座布団を敷いてみたり


すると


馴れて来た(縮小)
だんだん馴れて来て


すると(縮小)
先住犬たちも優しく支えてくれて


だんだん(縮小)
こんな表情も出始め


こんなになれるように(縮小)
こぉ~んな格好で寝たり


欲張り(縮小)
カジカジ、2本も



パパにひょい(縮小)
パパさんにも甘えてみたり


そして、


つらなり寝(縮小)
こぉ~んな写真まで撮れちゃったそうです



元野良犬ちゃんの譲渡は、

正直、ものすごく心配でした

しかし、

約2ヵ月あまりで、



だんだん②(縮小)
こんな表情を引き出して下さった 新しい飼い主さんに、

心から感謝だし、

丈太朗 の 『赤い糸』 は、

お互いを引き寄せ合えたんだな~って感じ、

とっても胸が温かくなりました




そして、この言葉に、うれし泣き


「私は、梶山さんの愛するじょ~ぶ君を奪った女(笑) 

丈太朗を、一生大事にします。

誰よりも幸せにします」




野良犬ちゃんを扱ったことがある人なら分かると思います


飼い犬ができる 【当たり前】 のことがどれだけ難しいことなのかが


それでも、

彼らを信じ、

コツコツ いくと、

小さな小さな 「成長」 が見えるようになってきます



丈太朗も、

本来は、消えてしまっていた 「命」 です、、、


ここまで繋いで下さった皆さま、

本当に本当にありがとうございました




丈太朗のママさんのFacebookは、コチラ



かっこいい(縮小)
丈太朗  元気でな