2015年09月09日 (水) | 編集 |
9月6日(日)は、

第4回 ペット同伴避難勉強会&体験会 でした


縮小一

今回も新しいお仲間も増え、参加者5名、ワンコ3頭 が集まって下さいました



第2回目(7月12日)には、『自分が避難するとしたら?』 をテーマに、

緊急時に持っていく避難袋の中身を考えたり、

発災後から避難所に行くまでをイメージしてみたりしました


第3回目(8月23日)には、『受け入れ側になったら?』 ということで、

なかなかイメージできないながらも、 いろいろ考えてみました



そして、第4回目の今回は、

『避難所運営ゲーム(HUG)』

というものを行いました  (詳しくは、コチラ



これは、


縮小七
小学校を避難所と仮定し、

そこにどんどん、様々な状況の避難者が避難してきます。

その様々な状況が書かれた札を1人が読み上げ、



縮小九
受け入れ側役の人達が、その人たちを体育館や保健室など、

どんどん適所に受け入れていく、というものです。



いや~~~、これがまた難しいし、

ま~~~、いろんな人が来るんですね~~~


他、「災害対策本部から〇〇が〇時に到着予定!」

とか、「ハムスターを紙袋に持ってきました!どうしたらいいですか?」

とか、「トイレがつまりました!!」

等々、避難者以外のこともどんどんきてました



縮小十
全部やると、250枚あり、この日は、7割くらいで時間となりました



縮小八
アップにすると、こんな感じ



縮小六
今回、はじめてのアリスちゃん 

マリンに好き好きアタックされてたけど 楽しかったかな


あれ

何やら、お外では


縮小三
ゲンちゃん : 「いい香りがする

マリン : 「どこ どこ~



縮小四
ゲンちゃん : 「あー ちょーだい ちょーだい



縮小五
おじちゃん : 「じゃ~、フセ~~~

ゲン&マリン : 「はいっっっ


がんばって待ってたごほうびに、ソーセージをもらってまちた



最後に、みんなで振り返りをし、

避難所運営の大変さが分かったからこそ、

相手に頼らず、

ペットを飼っている人たちは、

自分たちである程度、ペットのグループをまとめる努力をし、

緊急時は、お互い助け合うことが大事なんだと実感できました。


そして、

この「避難所運営ゲーム(HUG)」 を経験して本当に良かった

もっと多くの人に経験してほしい

と、みんなが強く思いました



次回は、10月18日(


この回は、実際に、外で、

「避難体験をしてみましょう


場所は、同じ、休暇村 陸中宮古(HP

時間は、9時~15時頃

参加費は、無料。

持ち物は、自分が実際に避難する時、持って逃げる物

お申込み・お問合せ: 090-4313-5114
               hisae.kajiyama@gmail.com


★これは、あくまでも、『避難する側の訓練です

 つまり、飼い主さんたちの訓練です

 勉強会に参加されてなくても、もちろんOKです

 たくさんのご参加お待ちしておりまーす



あ、今日の岩手日報にこんな記事が載りました。


縮小十二
難しいけど、、、

何事も、始めなきゃ、進まないからね

1歩1歩、

みんなと話し合いながら、

体験しながら、

続けていこうと思います


では、次回も、お待ちしてます~~~

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック