2015年11月23日 (月) | 編集 |
11月11日(水)

いつもお世話になっている 釜石どうぶつ病院 の待合室で、

第11回 パピー社会化教室 を開催しました。


今回は、ちびっこの回となりました



縮小一
初参加の イタリアン・グレイ・ハウンド(略してイタグレ)の つむぎちゃん


はじめは、さずがに緊張して、


縮小十四
ママの影に隠れてました 


他は~~~



  ん



縮小四
ピンクのお洋服を着た のあちゃん と


その下にもぐりこんでいるのは  とらちゃんだ~~~


黒いから、わかんない~



縮小十二
はじめは、新入りさんに興味津々な2頭


縮小二
この日、新しくするHP(釜石どうぶつ病院)用の写真撮影に来ていた
お兄さんも巻き込みながら、上手に逃げ回る つむぎちゃん



縮小十六
こぉ~んなところも利用しながら、だんだん慣れてくると・・・



縮小十
追いつめられても・・・



縮小十三
狭い狭いホームタウンへと、とらちゃんを引きずり込む



元気な のあちゃんも、そのうち・・・



縮小八
ビシッ

あれ あれれ~



縮小十五
のあちゃん、ママにヘルプ



縮小九
見よ ノーリードのとらちゃんと対等にやりあえるお姿

頼もしい子が現れました


運動量豊富な犬種でもあるので、

ぜひ、発散に、他、いろんなことを学びにいらして下さいね



途中、飼い主さんのお勉強も、ちょっとばかり 



縮小五
今回は、『犬の毛について』 お勉強しました


お水も飲んで、休憩しながら・・・


縮小十一
つむぎちゃん、足、入ってる~~~


このような場がはじめてな割には、うまく溶け込み、

お水も飲め、

自分も出せるから、


やはり、この時期(生後2~3ヵ月頃) に慣らすのは、

本人(ワンコ)にも負担が少なく、

見守っている方も安心して見ていられるから、


今、特にパピー期の子を持つ飼い主さん


この 『好奇心が恐怖心に勝つ時期』 をどうか、見逃さないでほしい



のあちゃんの飼い主さんも、がんばって連れて来てくれてます

他にも、続けて参加して下さっている子は、やはり成果が出てきてます



犬種の違いや両親の性格を色濃く受け継いだり、

家庭環境も大きく影響したり、

いろんな要因で、今のその子があります



できれば、『あれっ』 と思う前なら負担も少ないでしょうが、

何歳になっても、遅くはありません



それぞれの年齢に、状態に合わせて、

焦らず、ゆっくりと、向き合っていくこと が大事だと

タロちゃんは思います


では、次回のパピー社会化教室は、

11月29日(

となります。


珍しく、日曜日なので、

たくさんのお友達と会えるのを楽しみにしてま~す

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック