2016年01月29日 (金) | 編集 |
2016年 1月14日(木)は、

宮古市の わんわん専門 ハートフルHP) で、


『しつけ教室』 を行いました


今回は、飼い主さんのお勉強会 ということで、

3回シリーズの第1弾、

『犬の生態を理解して、信頼関係&主従関係を築こう!』


というテーマのもと、お話をさせていただきました



はじめに

なんと  写真を撮り忘れてしまいました~~~


ごめんなさい~



気を取り直して、


参加していただいた飼い主さんは、6組


まずは、「犬の生態」 についてお勉強しました



「イヌ」 という生き物を知らないと、

ついつい、人間のものさし で見て、判断してしまいがちです

イヌにとって、当たり前の行動を、

『問題行動だ このイヌは、ダメだ

と決めつけ、結果、保健所へ・・・

という流れに、現在、なっていると正直思います


ですから、

ここで、今一度、「イヌ」 という生き物の生態(本能や習性など)を学び、

世間一般で言われてきたイメージと照らし合わせ、



では、自分は、どう接するのかを考えてほしいと、タロちゃんは思います



次に、

相手に何かを教える時って、

『自分自身』 について、どれだけ理解しているのか 

このことは、とっても大切な事なんです



こんなに教えているのに、うちの子、分かってくれない~~~

とか、

うちの子、物覚え、悪いから

等と、相手のせいにしていませんか



そう、『教える』 って、本当に難しいんですよね


まずは、自分の性格の癖を、振り返ってみましょう


・ついつい、カッとする傾向の人、

・自分のやり方しか、認めない人、

・飽きやすく、長続きしない人、

・細か過ぎる人、

・大雑把過ぎる人、

・コロコロ、気分が変わりやすい人、

・感情的になりやすい人、



などなど、先ほど、イヌたちの生態を改めて学んだように、

今度は、『自分』 という生き物を、見つめ直してみましょう



そうしたら、今度は、同じように

我が子(イヌたち)の性格を、じっくり観察してみて下さい



何か、見えてきませんか


あ、ここを○○してあげれば、この子は、成功するかも


など、もうひと工夫を、プレゼントしてあげてほしいな~

とタロちゃんは、思います



あと、ほかに、犬種ごとの特性を学ぶシリーズで、

今回は、『柴犬』 をご紹介しました

それぞれの犬種の育ってきた環境や歴史を知ることで、

接し方や考え方も変わると思います



最後に、参加者全員で、

「世界で最も正確な性格テスト」 というものをやりました


飼い主さんの性格も当たってましたが、何より驚いたのは


飼い主さんとワンコちゃんの性格も、ピッタシコンだったことです


飼い主に、ワンコが似るんだか、

似た者同士で、引き合い、巡り会うんだか


世の中、不思議でいっぱいですね~~~


では、次回は、2月11日(木) お会いしましょ~~~
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック