2016年09月02日 (金) | 編集 |
9月1日(木) の活動報告


午前中は、まだ復旧作業があちこちで行われている宮古市内

でしたが、開いているお店にいろいろ買出しに行き、


まだ 断水・停電 の続いている地区のうち、

宮古市田老の1人暮らしのお宅をまわって、

水や物資を届けてきました。


行って良かった

あるお宅では、

やっと来た給水車でしたが、

体の調子が悪く、水をもらいに行けなかった、、、

とのことでした

このお宅で、いろいろお話に花を咲かせ

改めて、『高齢者の1人暮らし』 について考えさせられました。


合間に、宮古市内で連絡をとっていなかったペット関係のお店に

連絡をとり、被害や営業状況を聞きました。


① ONE’工房(トリミング)・・・被害なし! 通常営業中。

                   (0193-71-1212)

② ケーハウス(トリミング)・・・多少、床下浸水したが、掃除も終わり、
                   9月1日から通常営業開始。

                   (0193-77-5895)


そして、

ペット関係で相談やお預かり、物資配布等のお手伝いをやろうと、

宮古市の危機管理課に電話したら、

「ボランティアは、社会福祉事務所へ!」


ということで、社会福祉事務所へ行きました。

建物のまわりは全て水没したが、

建物の中にはかろうじて入らず、

ボイラー室だけ水が入ったそうです。


行ってみると!!

ペット同伴避難の勉強会に来て下さっている

ハチ君のママがいました=!!

話は早い

昨日までの獣医さんやトリマーさんの状況を伝え、

ペットの相談やお預かり、物資配布のお手伝いのできることを伝え、

ボランティア受け入れ態勢は、今、準備しているところでしたので、

連絡先を置いてきました。



これらの合間に、保健所から連絡があり、

岩泉町で避難されている方からの ワンコ一時避難願い


夕方、その子は我が家に到着しましたが、、、

お腹から足先まで、どろんこ

大きな子でしたが、不安そうな目で、こちらを見たり、

びしょびしょなハウスの中で丸まったり、、、


姉お手製の 「小サバのジャーキー」 をあげたら、パクパク

食べれて良かった~


どうにかハウスから出し、

どろんこで、ぐっしょぐしょのハウスを洗い、

きれいになったハウスに戻ったその子は、

大きな体をひっくり返し、

ごろんごろんしてました



今日もまた、岩泉町からワンコが来ます

来週にも数頭、来る予定だそうです。



最後に、思いました。

我が家ができる事の中の1つ、『被災ペットのお預かり』

これも、家族の理解と協力があって、

はじめてできること

改めて、心から感謝しました


徐々に道路も通行可能になる箇所が出てきました。

ボランティアの受入れも、

岩泉町でも久慈市でも、今日から始まったようです。


私も保健所等と協力し、

被災直後の活動がスムーズに行われる方法を模索して

いきたいと思います。


やはり、被災直後は、

被災地周辺、特に 同じ地域で被害の無かった地域のチカラ

が第一!! なんだと私は感じました。


今日も気をつけて、行ってきます
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック