2016年11月23日 (水) | 編集 |
昨日の地震による津波被害、

岩手県では、漁港で養殖の棚や漁具、車等が流されたようで、

東日本大震災から台風など、何度も被害に遭われている方々の

気持ちを考えると胸が痛みます



我が家では、お預かりしているワンコも、

もちろん我が家の子たちも、

サイレンが数分おきに鳴り響く中、

み~んな元気に1日を過ごしてくれました


その子たちをお散歩しながら、改めて考えてました



人は、1人で生きているんじゃない、、、

自分に関わっている 『命』 が必ずあって、

そのたくさんの 『命』 を守るためにも、


早期避難


の徹底が、どんなに大事か、、、



東日本大震災の教訓を生かし、

宮古地区周辺の消防団員は、

避難誘導・水門閉鎖などの任務をこなし、

「津波到達時刻前には必ず高台へ避難」 

を実行しておりました

防災無線でも、しっかりと消防団員への指示が放送されてました。



「なぁ~~~に(大丈夫だぁ~~~)」



が、いくつもの 『命』 を危険にさらし、

一生背負い続ける無念の思いを深く胸に刻ませてしまう


相手を思うなら、、、

相手を本当に愛するなら、、、



早期避難



避難しなくても大丈夫な高台は、

受け入れの準備 というサポートもできます


もう、災害時は、『避難』 だけでなく、

『受け入れ側』 も同時に動く地域を目指していく
ことが、


あっちでもこっちでも災害が起こるようになってきた今、

大事になってくるのではと思いました



今日は、釜石で、「ふれあい活動」 の勉強会

いってきま~す
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック