2017年01月26日 (木) | 編集 |
あれから、あっっっという間の 1ヵ月


遠い福岡県で野犬として捕獲され、殺処分になるギリギリのところで、

たくさんの方々の思いが集まって助け出され、

昨年末のの日に我が家に来た

縮小一
幸太




縮小一
『じょ~ぶ』


あの時は、恐くて、恐くて、固まっていました


1ヵ月

彼らのペースに合わせながら過ごしてきました


その中で、


①ご飯やおやつが食べれたり


②ハウスの出入りを、まだまだ緊張して、

まわりに誰もいないのを確認してからではありますが

無理矢理ではなく、自分で出入りできるようになったり


③ハウスの外で、おしっこやうんちを、

リードがついたまま、できるようになったり


④「ワンワン!!」 声を出せるようになったり


⑤ちょっとだけ、お外の世界へ好奇心も出てきたり




幸太
幸太は、まだ自信がなく、

お外へは、おしっこ&うんちのみで、

済ませたら、すぐハウスに帰ろうとします

でも、

じょ~ぶが下痢をした時、

「ワンワン」と教えてくれるほど、優しい子



りりしいじょ~ぶ
じょ~ぶは、好奇心があふれてきて

我が家の敷地の外へデビューしました~

お水も、お外で食器から飲めるようになったし


それでも、2頭とも、まだまだ、

体をなでるのは緊張して固まるし、

知らない人や音がすると、ハウスから出れなかったり


目の前の壁をのっ越えてみたいけど、

ちょっとまだ恐い感じかな


だから、そろそろ様子を見て、

『ほら、行ってみよう 大丈夫だから

と、おしりを押してあげようと思ってます
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック