2015年03月12日 (木) | 編集 |
東日本大震災から4年が経とうとしています。

私は、『犬の訓練士』。

ワンコと飼い主さんのことだけに情熱と愛情を注ぎ、

自分の全てをかけ、一心不乱に生きてきた、、、

あの時までは、、、




あの東日本大震災が起き、ふるさとが全て、目の前から消えて無くなる、

「その時」まで、、、

私は、『ふるさと』 に何の愛着も感謝も、特別の想いも、な~んにも
感じていなかった、、、



当時、思ったし、今でも、そう思う、、、


「できることなら、失う前に気づきたかった」


しかし、、、失ってからしか気づけない事も、、、


あるんだよね、、、




そのくらいのことが起きなければ、自分は気付けなかったのか、、、

という 「情けなさ」 がこみ上げてきた、、、



ただ、、、

私は、気づけたと思う。

失ったものは、もう二度とかえっては来ないけど、、、

気付けた、、、「おかげ」で、気づけたことに、、、

感謝しようと思おうとした、、、




皆さんにも、それぞれ、いろんな 『ふるさと』 がありますよね


私は、自分の生れ育ったふるさと  『田老』  が大好きです。



ふるさとがあることに、心から感謝の気持ちがわいてきます。


それと同時に、ふるさと田老から感じる 『無条件の愛』 。


これこそが、大地からの本当の母性なのかな~と、しみじみ感じるんです



震災後、5年目がスタートします。



今は、「前を向かなくては!」という 『義務感』 でもいいと思います。

なぜか、、、


たくさんの、本当にたくさんのモノを背負っているでしょうから、、、



でも、いつの日か、「生きなきゃいけない!」 から、いらないモノが解け、

『本来の自分』 を生きられるように、、、



なりますよね、、、


きっと、、、


それまで、共に歩いていきましょう。


ゆっくり  ゆっくり



今日も、殺処分の相談に行ってきます。

彼らを私は信じます。

彼らもきっと、、、


あのコテツのように、裏切られた人間を、また、もう一度、


信じてくれる、、、


私は、彼らを信じます、、、


その前に、まずは、謝らないとね、、、


人間のした仕打ちを、、、


※「コテツ」・・・リンクしてある「DOG SCHOOL タロちゃん」に登場










トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック