2015年05月05日 (火) | 編集 |
みなさん~ん、GW を満喫してますか~

タロちゃんは~、わんわんイベントで、まっっっ赤っ赤 に日焼け~


しかも、昨日からパソコンに遊ばれ


ま、タロちゃん、いろんなものに、しょっちゅう遊ばれるから

めげずにいきま~す



5月3・4・5日の3日間、 岩手県山田町で開かれた


『第3回 まごころ復興がんばっぺし 山田フェスティバル』


この中のワンコ企画として、ドッグファームSHINYA 主催のアジリティー大会

「ドッグスポーツ2015 in山田」

が、5月3・4日の2日間、開催されました。


参加者は、復興チャリティー大会ということで、岩手県内、秋田、宮城、福島から

たくさんの方々にお越しいただき、感謝で胸がいっぱいです

本当にありがとうございました


会場は、山田町役場前広場。


縮小六
10 m 嵩上げされ、この後は、住宅地になるそうです。


足元には石ころがゴロゴロ。

でも、みんなで拾って、


縮小二
いよいよ、開会式~



あれれ



縮小十
あの横姿は



縮小九
やっぱり~~~

宮古のジャックラッセルのチョビちゃんだ~

お隣りは、ボーダーコリーのクッキーちゃんだね~

あ、あ、所長がお話中だよぉ~

キタ~~~~~



縮小八
あははは


ってなわけで

始まりました、アジリティー大会


アジリティーとは、 障害物競争のようなものです。


決まった順番(コース)を飼い主さんが覚え、

パートナーであるワンちゃんにうまく指示を出しながら、

1つ1つの障害物をクリアしていき、

その早さと正確さを競うスポーツです


毎回毎回、コースは違うため、いくら練習しても、しても・・・

ね・・・


だからこそ、面白くて、 新鮮で


なおかつ、「この子は今、どの障害物をクリアしようと考えているんだろう

など、我が子が考えていることを、

表情 しぐさ体全体で感じとろうとすると、普段、気がつかないような部分まで

観察できるようになるから、


それを 『お勉強』 としてだけやるのではなく、

遊びながら、体を動かしながらやれるので、


コミュニケーションをとる1つの方法としても良いんじゃないかな~と

タロちゃんは、思います~



な~~~んて、うんちく並べているのには、ワケがありまちて・・・



タロちゃん、アジリティーの審査員をやっておりましたので、、、


大事な大事な、みんなの走っているところの写真が、


無いのです~~~



あるのは、、、


縮小一
コース検分(本番前、飼い主さんだけがコースの順番などを確認する時間です)
しているところのしか撮れませんでした・・・


みんな、事故なく、楽しく・・・



あ・・・


お空の 『鯉のぼり』 にビビッちゃった子も

いましたし~~~



足元のザラザラ感がイヤ~~~



という子もいましたね



人生 犬生か いろんなこと、

まだまだあるかもしれないから~~~



また、いろいろ、経験していこうね~


それでは、次回は、5月5日に行われた宮古獣医師会による

「ワンワン運動会」(正式名称が・・・

の模様をお伝えします~























トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック