2015年06月12日 (金) | 編集 |
5月24日(

釜石どうぶつ病院 にて、

パピー社会化教室

が始まりましたー


お昼の休憩時間を利用しての開催です



今回は、チワワの ミルクちゃん とご家族が参加して下さいました

プラス

人と動物の絆 momo太郎 の代表 : コタまま

釜石どうぶつ病院 : チップ&デールまま


も一緒にお勉強しました




前半は、タロちゃんが作った資料をもとに、

★ 子犬の時期と社会化について

★月齢ごとの大まかな目安

をみんなでお勉強しました


その間、「だっこ だっこ

とせがむミルクちゃんを、しばし、床におき、自由にさせながら、
飼い主さんたちにはお話の方に集中していただきました。


小型犬は、ちっちゃいし、ついつい、だっこ してしまいがちですよね


もちろん、だっこは悪くありませんが、

いろんなことを 本人(ワンコちゃんね) に教える意味で、

特にお外では、だっこを控え、アスファルトや草の上、砂利、土、砂、

他にもタイルやゴム状の素材の道路など、様々な刺激・感覚を


足の裏 

に感じさせてあげて下さい

(長くなるので、詳しくは教室でね~




後半は、参加ワンコがミルクちゃんだけでしたので、

同じくらいの月齢の子に協力してもらいました



縮小一
教室しながらだと、なかなか写真が撮れず、
今回もコタままからいただきまちた ありがとです

(他、釜石どうぶつ病院のチップ&デールもお手伝いしてくれました
 ありがとね~


はじめは、ミルクちゃん、固まって、お家の人に助けを求めてましたが

お友達のポメちゃんが上手に誘ってくれ、

最後の方には、だんだん慣れてきました



このパピー社会化教室では、

まずは、ワンちゃん同士の会話 を学んでほしいので、

はじめは、できるだけ人間が間に入らず、見守るようにします



途中、ミルクちゃんの飼い主さんたちに、お外に出てもらいました。

すると、やはり、はじめは後追いしてましたが、


飼い主さんに、待合室に戻ってもらったら


あ~ら不思議


さっきまで下がってた シッポ がシュッと立ち、

さらに、そこから、まわりのお友達に興味を持って、

自分から少しづつ寄っていくではありませんか



縮小二
このプードルちゃんも、まだワンちゃん慣れしていない感じでしたので、

飼い主の皆さん


子犬は、 『好奇心』 のかたまりです


この、「わーい わーい」 な時期に、

いろんな経験をさせましょう



ただし


イヌ同士、慣らす時も注意が必要だし、

物を慣らす時も、気をつけなければいけないこと、、、ありますので



よろしかったら、1度は、この 「パピー社会化教室」 に来てみて下さい

「社会化」 のポイントを教えますのでね



なお、成犬の飼い主さんでも、『社会化』 についてのお話を聞きたい方、

大歓迎です


それに、パピーちゃんたちも、『知らない人慣らし』 にもなりますので、

お気軽にご参加下さい

(正直、パピーちゃんには癒されます~~~



★人のみの参加の方は、資料代として、100円いただきます


★パピー社会化教室の対象が、生後2~6ヵ月 としておりましたが、

 ワンちゃんによって、まだまだパピー同士の経験が必要な場合、
 要相談としますので、お気軽にご相談下さい。



以上で、パピー社会化教室の報告を終わりまーす



お・ま・け~~~


DSC_1034_convert_20150525165108.jpg
ママをお迎えに、

コタ&パパさんが
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック