2015年08月28日 (金) | 編集 |
8月23日(は、

第3回 ペット同伴避難勉強会&体験会 でした。


参加者は、継続して参加していただいている方や新しい方:9名

参加ワンコは、7頭



縮小二
だんだんと、

1つの空間に、多数の知らない人やワンコが集まる感覚 も、

イメージできてきたのではないかな~



今回は、宿題に出してあった 『受け入れ側』 になったつもりで、


縮小十三
発災後から避難所が落ち着くまで の自分の行動や必要な事など、

意見を出していただきました。



縮小十二
回を重ねるごとに、

やはり、同じ 『ワンコ』 を愛する者どうし

いろんなアイディアや意見、体験談も出され、

時には、真剣に

時には、ワンワン談義に花 が咲き、大いに盛り上がりました



そんな中、

今回は、東日本大震災で実際にワンちゃんを連れて避難した方からの

はじめて聞くお話や

ペットを連れて逃げることができて良かったはず、、、

なのに、

一緒に逃げれたからこそ感じた

切ない思い、、、も聞けました



正直、私は、そこまで考えれませんでした、、、

深い、深い部分、、、



やはり、実体験に勝るものはありませんね



参加された皆さんも、心に響いたのでしょう。

終了後のアンケートでも触れている方が多かったです。




一方で、なかなか、「受け入れ側」のイメージがわかない、

という方も多かったので、

次回は、静岡県で発案された



縮小一
『避難所運営ゲーム HUG(ハグ)』

というものを使って、模擬体験してみよう ということに




今回も、ワンコたちは、知らない人やワンコ・場所慣らし



縮小十四
あはは

飽きた~ よね~~~


縮小八
ま、まったり もできるようになってきたら、上出来



最後に今回は、nico Dog (ニコ ドッグ)さんから、



縮小六
恐くてブルブル震えたり、ストレスが溜まってる子に行う

マッサージの方法やツボ等を教えていただきました



縮小四
ワンコたちも、自分のことだと分かっているのかにゃ



縮小五
身を乗り出して聞いている子も


このような「ストレスケア」の仕方を知っておけば、

災害時だけではなく、

日常、何かに怯えた時や、何もないリラックスしている時でも、

マッサージしながらコミュニケーションもとれるので、

今日あったいろんなことを、

話して聞かせたりしてみてはいかがですか


次回は、すぐで  9月6日( です。

先ほどもふれました 『避難所運営ゲーム HUG(ハグ)』

というものを使い、実際の避難所で起こるであろう状況を

模擬体験してみましょう



あ、もちろん、ワンちゃんは同じように参加OKですので、

慣らしに連れて来てみて下さーい
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック